姫路市の新井接骨院 HOME > 魚の目と分厚いタコ

魚の目と分厚いタコ



新着情報


姫路市の新井接骨院と他の医療機関6つの違い

  • 1、予約制のため病院ようにお待たせしません。
  • 2、臨床経験は20年以上、本物の施術と安心感を提供します。
  • 3、専用の検査機器を用いてあなたに合った施術を行います。
  • 4、施術方法は専門的で患者様お一人一人としっかり向き合います。
  • 5、姫路市の新井接骨院では接遇での違いにこだわります。
  • 6、日曜祝日や時間外も対応は可能です。
1、

病院によくありがちな、「長時間の待ち時間」という事。
姫路市の新井接骨院では予約をしていただければ、基本的にお待たせする事はありません。

患者さんが、貴重な時間をつくりわざわざ姫路市の新井接骨院に訪ねていただいているのでお待たせしないように心掛けています。(前日までにご予約してください。)

2、

臨床経験は20年以上、本物の施術と安心感を提供します。

初めてご来院される方はご不安や緊張、「本当に治るのかな?」
など心配されている方も多いはずです。姫路市の新井接骨院では初めての患者さんには気さくに名刺を差し出して自己紹介して、打ち解けた雰囲気で患者さんのお話をお伺いさせて頂いております。

施術前のアンケートには痛むところやお悩みの症状などを書いいただいておりますが、問診(お伺い)視診(眼で確認)、触診(悪い部分に触れる)によって足だけではなく体全体の状態をチェックしていき、徒手検査で関節の動きや痛みの出る状態も確認していきます。

3、

姫路市の新井接骨院ではフットルック(足裏測定器)モアレルック(筋肉や骨格や姿勢ゆがみ測定)を用いて検査を行い原因を明確する事により全身の土台にあたる足裏から影響を及ぼす骨格 筋肉 姿勢を整える施術を行っています。

あなたのお体に合わせたオーダメイド施術を行いますのでご安心ください。

4、

施術はかなり専門的な施術で「他院との違い」「こんなにも差があるなんて思わなかった・・・」と驚かれる方もいらっしゃいますが、「健康のために痛みや不調を起こしにくい体作り」のために施術を提供しています。

「ソコをもっと強くもんでもれえませんか」「どれ位の時間やってもらえますか?」など・・・リラクゼーション目的や一時しのぎの施術は残念ながらご要望に応えられませんのでご了承ください。

施術前と施術後の変化がわかる施術を提供します。
5、

接遇での違い
技術系のセミナーだけではなく接遇のセミナーにも積極的に研修を受けてきてレベルアップに努めています。

例えば、佐藤さんという方が、施術を受けに来院された方が、おられたとします。「佐藤さんは特にスポーツが、大好きで今でも、スタジオレッスンや水泳を行っている。寡黙(かもく)だが、食べる事やお酒が好きでその話になると会話が盛り上がる」

といった特徴があったとします。患者さん自身が好きなことを施術中にお話しすることで嬉しいと思いますし、リラックスできますよね?

このように、「患者さんお一人お一人のことを、つねに考え仲良くなっていくことで、良い関係が築け、大切なパートナーだと考えています。」
6、

さらに姫路市の新井接骨院では患者さん通いやすくするために土日祝施術が可能です。(前日までに事前予約をお願いします。)

病院や接骨院では、日曜日に営業していないことが多いですが、姫路市の新井接骨院では患者さんのニーズを満たすために、施術は可能です。

土日祝日しか通えない主婦の方、仕事の忙しいビジネスマン、学校のある学生の方々にも好評です。

新井接骨院の特徴

【20年を超える現場】の経験を生かし患者様のためにやる気満々で、サポートしていきます。

こんにちは。姫路市の新井接骨院です。沢山ある治療院から当院を選んで頂き、誠にありがとうございます。

ここ、 新井接骨院は祖父の代から活動を始めたことをきっかけに、2000年5月に開業いたしました。

その後、足のトラブル(外反母趾 浮き指偏平足 ハイアーチ)やそれ関連するお体の悩み、交通事故(むち打ち)治療、スポーツ選手のパーソナルトレーニングなどを専門的に活動を行っています。

現在は、今まで培ってきた技術を使って、地元の方は元より市外や県外からも来院される患者様のために貢献したいとやる気満々で施術に専念しています。

最近の傾向として病院で検査してセカンドピニオン的に当院をご利用頂く患者様が増えてきています。

しかし「お体を治したい」という患者様の願いは、スポーツ選手の方は元より一般の患者様でも同じではないでしょうか?

体を良くしたいと思い自分のところへわざわざ訪ねていただいた方には当然のことながら「120%の施術と気持ち」で返したい。
これがわたしの一番の思いです。

ご縁があって私の接骨院へ来ていただいた方には、ご自身の体の価値をしっかりと認識していただき、体のケアやメンテナンスをしていただきたいという思いがあります。

ですので、私の施術というのは「1~2 回で終わるようなその場しのぎの施術は致しておりません。」と最初にお伝えさせていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。



【症状】

足裏の指の付け根に全体的にできている魚の目や分厚いタコなどで、角質層が分厚くなり過ぎて歩く時に魚の目やタコが異物となり痛みを感じます。 

タコの一部が、角質層より深部の皮下に達した場合に真ん中に芯ができる状態が魚の目になります。

【原因】

外反母趾や浮き指、またハンマートウに似た足形があると、歩く時に足指の部分を地面に打ちつけ過ぎてしまうために、中の骨を守ろうとする防御反応が起こり、角質層が分厚くなってきます。

足指が縮こまっているために足の背にもタコができている場合も多く見られます。

日常生活の中でのハイヒールやパンプスなどを はく事が反復された結果です。

【対処方法】

魚の目やタコ自体はレントゲンに異常は出ないが、痛みがひどい場合は、中足骨骨頭部の疲労骨折の可能性が高いです。

圧迫(あっぱく)され続けると中足骨にはっきりとした疲労骨折を起こす危険が高まるので早めの処置が必要です。

魚の目やタコは削っても皮膚が防御反応のため、3週間ぐらいでまた同じように魚の目やタコが出てくるので、繰り返しテーピングで足裏のバランスを整えておくことにより再発を防いでいくことが、大切になります。

魚の目やタコは再発させないことがポイントです。
*中足骨骨頭部の疲労骨折による痛みを魚の目やタコによる痛みと錯覚(さっかく)していることも多いので注意が必要です。