3指・4指付け根の痛み(モートン病)

【症状】

指の付け根で歩く人は要注意です。3指・4指の付け根の部分にトゲでもささっているようなチクチク・ビリビルした痛みがあります。

これは中足骨頭痛(ちゅうそくこつこっとうつう)と呼ばれる症状で、主に3指・4指の付け根の部分に灼熱感(しゃくねつかん)、ほてりを伴った痛みやトゲか針でもささったような【ビリビリ】【チクチク】した痛みと違和感があり、人によって表現が様々です。タコ、魚の目の皮膚が分厚くなっているのはまれでわかりずらいのが特徴です。

痛みがひどい人の場合、疲労骨折まで進行している場合が多いので注意が必要です。


浮き指や外反母趾のある方、つまり【構造学的歪み】が著(いちじる)しい方に多く見られる傾向があり、つまずかないように無意識のうちに指を上げ(浮き指)て歩き3指・4指の付け根の部分を地面に過剰にかつ、繰り返し打ち続けて起こってきます。

浮き指は靴の中で足先がZ字形となった中足部の骨頭部分がクッションなしに地面に打ち付けられるために【過労学的損傷】を繰り返すことになります。

この状態を1日に何万回ち繰り返してしまうために、【環境学的条件】が加わるために、骨頭部分の骨が破壊されて変形してトゲのようになり、この部分を歩くたびに神経を圧迫(あっぱく)し、様々な症状を引き起こしています。

【施術のポイント】

レントゲンには通常、異常が現れないので触診(手で確認)(上下から指で強くつまむ)で異常の程度を確認します。悪化させてしまった時のみ、疲労骨折としてレントゲン画像に異常が現れます。
初期・中期の変形や損傷は見落とされる事が多いので注意が必要です。

中期・後期でモートン病と診断されることがあります。
母指の対して強めのグーパリハビリ運動(カウセリング時にご説明しています。)を行うと効果的です。

【施術期間】
4~6カ月