半月板損傷

半月板損傷について

【症状】 たいていのスポーツ行っている人での負傷の瞬間がはっきり特定できない状況でも、膝が痛んだり腫れたりします。一定の角度で加重するとズキンと激痛が走り、屈伸する時に引っかかりロックする感じの現象や弾撥現象(摩擦により引っかかり弾けたような現象)もあります。そして、一定の角度では、異物がはじけて、ゴキッとした音と共にロック現象が解除されるような症状が多くみられます。原因がはっきりしない状態でX線や内視鏡検査を受けて、初めて症状名を告げられることが比較的多いです。中高年の肥満傾向と足裏が不安定になっている女性の膝に多く見られる傾向があります。

【原因】 半月板損傷は地面からの過剰な衝撃波とねじれ波という2つの有害な破壊力が「構造学的歪み」にある膝(前 後 左 右 上下)に繰り返されことにより、特にスポーツなどの「環境学的条件」により衝撃波が軟骨に多く伝わることが原因になります。

【8方向の診断目安】
8方向の診断で患部のアンバランスと損傷度を知る
●「①②④③⑤いずれかのアンバランス」10%
(前 後 右 左 上下の「構造学的歪み」のいずれか)
●「⑥⑦衝撃 ねじれのアンバランス」80%
(足裏の不安定が介達外力となる過剰な衝撃波とねじれ波による「過労学的損傷」)
●「⑧患部環境のアンバランス」10%
(片寄った姿勢やスポーツ・仕事で「構造学的歪み」や「過労学的損傷」が反復される「環境学的条件」)


(前・後ろ)
①前の
アンバランス
患部を前後に分けた場合、重心点が前方に片寄りすぎ、たことが最大原因となる過労性の損傷や不調。
②後ろのアンバランス 患部を前後に分けた場合、重心点が後方に片寄りすぎ、たことが最大原因となる過労性の損傷や不調。

(左・右)
③左のアンバランス 患部を左右に分けた場合、重心点が左方向に片寄りすぎ、たことが最大原因となる過労性の損傷や不調。
④右のアンバランス 患部を左右に分けた場合、重心点が右方向に片寄りすぎ、たことが最大原因となる過労性の損傷や不調。
高さ
(上下)
⑤上下のアンバランス 患部を上下に分けた場合、生環的湾曲の消失に伴って重心点が真中に片寄りすぎたことが最大原因となる過労性の損傷や不調。
時間
(衝撃・ねじれ)
⑥衝撃のアンバランス 患部を診断する場合、構造学的アンバランスに「過剰な衝撃波」が繰り返されたことが最大原因となる過労性の損傷や不調。
⑦ねじれのアンバランス 患部を診断する場合、構造学的アンバランスに「過剰なねじれ波」が繰り返されたことが最大原因となる過労性の損傷や不調。
環境
(体環境)
⑧環境条件のアンバランス 患部を診断する場合、①から⑦までのアンバランスに加えスポーツや片寄った生活環境が最大原因となる過労性の損傷や不調。