環境条件痛

環境条件痛について

【症状】 負傷の瞬間を特定できないが、長時間のデスクワークや立ち仕事・中腰での作業、コンクリートなど固い床での安全靴、ヒ―ルを履いての歩行や仕事、過激なスポーツなど片寄った環境条件を繰り返すことによって起こった腰痛です。わずかなことですぐに痛くなり、安静にしていると治る、を繰り返す症状です。

【原因】 環境条件痛には肉体的ストレス、または精神的ストレスにより、潜在的な損傷による痛みが発生するものであります。潜在的な原因として、前・後・右・左・上下の「構造学的歪み」と、衝撃・ねじれの「構造学的損傷」のいずれかがすでに存在し、これに「環境学的条件」における肉体的、または精神的ストレスが加わることが最大の原因となった痛みです。肉体的ストレスとは、主に重力の負担が身体に作用しているのに対して、精神的ストレスとは、心の負担が作用していることをいいます。

【8方向の診断目安】
8方向の診断で患部のアンバランスと損傷度を知る
●「①~⑦までのアンバランス」20%
(前・後・右・左・上下の「構造学的歪み」と、衝撃波・ねじれ波の「過労学的損傷」)
●「⑧患部環境のアンバランス」20%
(片寄った姿勢や仕事・スポーツなどで、「構造学的歪み」や「過労学的歪み」が反復される「環境学的条件」)