ねじれによる腰痛

ねじれによる腰痛について

【症状】 負傷の瞬間を特定できないまま、また原因がはっきりしないまま発生した、慢性的な腰痛、左側の腰痛、左側の仙腸関節から尾骨や大腿前面への痛みなど、主に軟部組織の損傷です。X線やMRIによる画像診断では異常が見つけられない場合が多く、カイロプラクティクにおける経験的な判断や触診、さらに画像診断で、骨盤や仙腸関節のズレが確認でき、下肢の長短差もはっきり起こってきる症状である。このような場合、外反母趾や浮き指などの重心の踵移動による「過剰なねじれ」があるので必ず足裏から診断しなければいけない。

【原因】 腰部における、前・後・右・左・上下の「構造学的歪み」のいずれかに、足裏の不安定(外反母趾・浮き指などで足先が外方向へ流れる歩き方)から、過剰なねじれの「構造学的損傷」が介達外力となり、腰に負荷重が反復される悪い歩き方やスポーツばど片寄った生活「環境的条件」が加わるったことっが原因なる。過剰なねじれとは、下肢が支点、腰椎や骨盤、仙腸関節が作用点となり、その作用点上部は反復作用となるため。相反するねじれのストレスが発生するメカニズムをいいます。

【8方向の診断目安】
8方向の診断で患部のアンバランスと損傷度を知る
●「①~⑤までのアンバランス」10%
(前・後・右・左・上下の「構造学的歪み」のいずれか)
●「⑦ねじれのアンバランス」80%
(足裏の不安定が介達外力となる過剰なねじれ波のよる「構造学的損傷」)
●「⑧患部環境のアンバランス」10%
(片寄った姿勢や仕事、スポーツなどで、「構造学的歪み」や「過労性学的損傷」が反復される「環境的条件」)