衝撃による腰痛

衝撃による腰痛について

【症状】 負傷の瞬間を特定できない。また原因がはっきりしていないにも関わらず、X線やMRIによる画像診断で初めて腰椎ヘルニア・分離症・すべり症・腰椎狭窄・腰椎圧迫骨折などの診断される症状です。これらの一種の疲労骨折で、主に骨組織の損傷です。ぎっくり腰もすでに変形している所に瞬間的な荷重が集中して起こる症状であり、繰り返していると骨の変形が進み、下肢にしびれ感や坐骨神経痛の症状や痛みが出る。このような場合、外反母趾や浮き指などの重心の踵移動による「過剰な衝撃波」(踵のつき過ぎ)があるので必ず足裏から診断しなければならない。

【原因】 腰部における、前・後・右・左・上下の「構造学的歪み」のいずれかに、足裏の不安定(免震機能の低下した足)からの過剰な衝撃波による「構造学的損傷」反復介達外力となり、これに上半身の重さや負荷重が腰に繰り返される悪い歩き方やスポーツなど片寄った生活環境が反復性となる「環境学的条件」加わったことが原因です。このメカニズムがヘルニア、分離症、すべり症などの疲労骨折を発生させます。

【8方向の診断目安】
8方向の診断で患部のアンバランスと損傷度を知る
●「①~⑤までのアンバランス」10%
(前・後・右・左・上下の「構造学的歪み」のいずれか)
●「⑥衝撃のアンバランス」80%
(足裏の不安定が介達外力となる、過剰な衝撃波による「過労学的損傷」)
●「⑧患部の環境のアンバランス」10%
(片寄った姿勢や仕事・スポーツなどで、「構造学歪み」や「過労学的損傷」が反復される「環境的条件」)