右側重心痛

右側重心痛について

【症状】 右側に痛みが起こる人で、右側だけに体重や重心が集中した歩き方や、スポーツ、片寄った作業を続けているために起こる症状です。重心が右側に片寄っていると、右側の骨盤が高くなってしまったり、右側に背筋も発達します。病的には同じように腰椎の右横突起が長過ぎて骨盤と当たり、痛みが出る「リチャード氏病」がある。人によって右側の腰椎と右後腸骨棘との間が狭く見える場合があります。このほか右側の痛みは、一般的に歩行時右足で重心で重心を多く取る場合が多いので、踵かの突き上げ「過剰な衝撃波」が加わり、痛むことが多い。右足及び右側重心だけの場合は下肢に長短差はあまり見られないです。

【原因】 右側に重心が集中したこと(構造学的歪み)が最大の原因となる痛み。右側に重心が集中し過ぎると、重力の負担が腰椎の右側の一部に集中し(過労学的損傷)、ここに負荷重が反復され、(環境学的条件)、腰痛が発生します。人間の身体は骨盤を要として、その上に腰椎を中心に上半身がバランスよく乗っていることが必要であるが、このバランスが右側に片寄っている場合を「右のアンバランス」と判断し(右側重心痛)と呼んでいます。

【8方向の診断目安】
8方向の診断での患部のアンバランスと損傷度を知る
●「④右のアンバランス」80%
(重心が右側に移動した腰部の「構造学的歪み」)
●「⑥⑦衝撃やねじれのアンバランス」10%
(足裏の不安定が介達外力となる過剰な衝撃波やねじれ波による「過労学的損傷」)
●「⑧患部環境のアンバランス」10%
(片寄った姿勢や仕事・スポーツなどで、「構造学的歪み」や「過労学的損傷」が反復される「環境学的条件」)