曲がり腰

曲がり腰について

【症状】 曲がり腰とは腰全体が丸く曲がっている状態を言い、長時間のデスクワークや車の運転などで、腰が痛む症状です。曲がっている人は、草むしりや洗髪だけでも痛みが出てきやすいです。昔は重労働なり、腰の曲がった人が圧倒的に多く、杖をつく老人も多かった。近年は農作業の改善や早めの治療でこのように極端に曲がった人は見られなくなっ た。正坐をさせ頭を床につけて、手を前に伸ばさせる(座位背伸ばしポーズ)。このとき、腰椎が出っ張っている人は曲がり腰と診断する。

【原因】 腰の曲がり過ぎで後ろ側に重力が集中したことが最大原因となる痛み。腰が後ろに曲がり過ぎる(構造学的歪み)と重力の負担が腰椎の一部に集中し(過労学的損傷)、ここに負荷重が反復され(環境学的条件)腰痛が発生する。人間の身体は骨盤を要して、その上に腰椎を中心に上半身がバランスよく乗っていることが必要。このバランスが後ろ側に片寄っいる場合を「後ろのアンバランス」と判断し「曲り腰」または「後ろ側重心痛」と呼ばれています。

【8方向の診断目安】
8方向の診断で患部のアンバランスと損傷度を知る
●「②後のアンバランス」80%
(重心が後方に移動した腰部の「構造学的歪み」
●「⑥衝撃のアンバランス」10%
(足裏の不安定が介達外力となる衝撃波による「構造学的損傷」
●「⑧患部環境のアンバランス」10%
(片寄った姿勢や仕事・スポーツなどで、「構造学的歪み」や「過労学的損傷」が反復される「環境学的条件」)

3、左側重心痛

【症状】 左側に痛みが起こる人で、左側だけに体重や重心が集中した歩き方や、スポーツ片寄った作業を続けているために起こる症状です。重心が左側に片寄っていると、左側の骨盤が高くなったり、左側の背筋が発達するようになります。病的には腰椎の左横突起が長すぎて骨盤と当たり、痛みが出る「リチャード氏病」あります。人によっては左側の腰 椎と左後腸骨棘との間が狭く見える場合もあります。左足及び左側重心だけの場合は下肢に長短差はあまり見られないが、これに「力点」「支店」「作用点」のねじれが加わると左下肢が短縮して見える

【原因】 左側に重心が集中したこと(構造学的歪み)が最大の原因となる痛みです。左側に重心が集中しすぎると、重力の負担が腰椎の左側一部に集中し(過労学的損傷)、ここに 負荷重が反復され(環境学的条件)、腰痛が発生します。人間の身体は骨盤を要として、その上に腰椎を中心に上半身がバランスよく乗っていることが必要です。このバランスが左側に片寄っいる場合「左のアンバランス」と判断し(左側重心痛)と呼んでいます。

【8方向の診断目安】
8方向の診断で患部のアンバランスと損傷度を知る
●「③左のアンバランス」80%
(重心が左側に移動した腰部の「構造学的歪み」)
●「⑥⑦衝撃やねじれにのアンバランス」10%
(足裏の不安定が介達外力となる過剰な衝撃波やねじれ波による「過労学的損傷」)
●「患部環境のアンバランス」10%
(片寄った歩行や姿勢・スポーツのどで、「構造学的歪み」や「過労学的損傷」が反復される「環境学的条件」)