健康保険の取り扱いについて

いつも当院をご利用いただき、誠にありがとうございます。
新井接骨院より大切なお知らせです。
接骨院(整骨院)が、保険を使用できる症状には制限があります。

⇒健康保険が「使える場合」

負傷原因(いつ どこで どうした)がハッキリした急性症状に限ります。

捻挫(くじく ねじる)
打撲(ぶつける 当たった)
挫傷(肉離れ)
骨折(応急処置のみ)(継続の場合は医師の同意が必要)
脱臼(応急処置のみ)(継続の場合は医師の同意が必要)

⇒健康保険が「使えない場合」

負傷原因がハッキリしないものやただの肩凝り、筋肉痛、腰痛、膝痛、頭痛、五十肩、外反母趾 などの慢性的な痛み、全身疲労によるマッサージなどは保険の取り扱いが出来ません。

また長期にわたる症状に関しても慢性的なものは保険適応外となっております。

厚生労働省の通達により以下のケースは 接骨院(整骨院)では、健康保険適応の対象外となり自費になりますので、予めご了承の程お願申し上げます。

  1. 日常生活からくる、肉体疲労 慢性腰痛 肩こり 頭痛 神経痛など
  2. スポーツや仕事による肉体疲労
  3. 交通事故は自賠責保険、仕事中や通勤途中のケガに対しては労災保険の対象となります。
  • ○上記以外でどちらに該当するかわからない場合は、問診時にくわしく症状についておたずねいたします。
  • ○当院で施術をうけようとする痛みやケガを他の医療機関(診療所 病院 接骨院 整骨院) で治療を受けられている方は必ずお知らせください。
  • ○健康保険を使った施術の場合、最終来院日から1カ月以上経過すると「初回の扱い」になります。

今では保険者による審査が厳しくなってきており、今後は更にその傾向は強くなっていくと考えられます。

近年、少子高齢化が進行したことにより日本経済の縮小、税収の伸び悩みに反して医療費は毎年増加し続け問題になってきています。

これが原因で、医師、歯科医師、柔道整復師(接骨院(整骨院)の先生)が申請する保険申請が大変厳しくなってきています。

お客様に文書や電話による問い合わせなどがあり、ご迷惑をお掛けするケースも多くなってきています。

今後も施術部位数や保険適用範囲が更に厳しくなり保険診療のあり方が検討されてくるのではないでしょうか?

今後も右肩上がりの経済成長を見込めない状況なので、何らかの効果的な対策を打ち出さない限り、健康保険制度の維持すら困難になるのではないでしょうか?

国の方針としては医療費の削減と適正化を強化してきています。 このような状況の中では、接骨院(整骨院)は以前のように健康保険のみで診療できる時代ではなくなってきました。

よって保険診療内では、治療内容に関して大幅に制約を受けてしまいあなたに最適な施術を提供 していく事が難かしくなりました。

近年、施術費を安く抑えたいという希望がある方がいらっしゃる反面、 金額ではなく、質の高さを求める方が増えています。

当院では保険診療に枠に囚われず、本物の施術を常に提供したいと考えており日々研究により今までより更に高い施術効果が出せるようになりました。

治癒までの時間とお金を総合的に考えた場合 、あなたにとってどちらがメリットあるのでしょうか?

様々な治療院がある中で、あなたには賢い選択をしてほしいと考えています。

あなたの利益を最優先し、最善の方法を提案させていただき ます。

今後ともあなたに最高の施術を常に提供出来る様日々研究していきますのでご理解のご協力をよろしくお願いします。

新井接骨院 代表 新井靖弘